クレジットカードが不正利用されていた!その顛末

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

その電話がかかってきたのは、平日の午後。

「昨晩、AmazonPayを利用されましたか?」

Amexからかかってきた電話は唐突に、こう聞いてきた。Amazonはいろいろ利用しているので、明示的でなくても定期便が決裁したかな、でもそれならAmazon Payではないななどと考えていると、

「昨晩、夜中に6-7万円の利用が断続的に行われています」

ここで、ピンと来た。不正利用だ

まったく心当たりがない旨を伝えると、その他に海外の複数の航空会社で使用された形跡があり、その額は70万円以上になるという。全く心当たりがない。

当該カードはSPG Amexなので、最後に利用したのはマリオットの決済以外心当たりがない。その旨伝えると、怪しき使用履歴の累計は約130万円にもなるという。

さらに一緒に履歴を確認していると、8月にブリティッシュエアウェイズで決済を利用していることを聞かれた。8月末にBAのマイレージで航空券を発券しており、Amexの旅行保険を利用するために、SPG Amexで少額の手数料分だけを決済したので、これは心当たりがある。

ここでピンと来た。

先日、ブリティッシュエアウェイズで顧客情報の漏えい事故がニュースになっていた。時期的にもそれが原因ではないだろうか。

その旨伝えてみると、そうだと断言はできないが、BAから漏洩の連絡は来ており、その可能性はあるとのこと。

オペレータはカードはすでに止めているが、再発行させてくれとのこと。

定期決裁などにはあまり利用していないので、こちらは了承。こちらとしては他に打つ手がない。

一番心配な不正な請求の支払いについては、どうなるのかと聞いたところ、この電話で使用者の利用ではないことが確認できたので、不正請求と認定され、請求されることはないとのこと。とあっさり認定された。

まとめ

ということで、はじめてのそして結構大きな金額の不正利用ではあったが、あっけなく被害もなく、終息することができた。

即時に不正利用と認定され、その日心を乱されずに過ごせたことは本当にメリットだと感じた。

海外サイトなどを使っている以上、クレジットカードの漏えいなどのリスクはなくはないが、そのリスクにしっかり対応してくれることを知って安心した。

雑感

それにしても今回の漏えい事故、影響を受けるのは特定の時期に決裁した顧客に限られるようだが、38万人が影響を受けている。

こちらの記事にあるようにGDPRの制裁金の適用対象になると、不名誉なだけではなく、巨額の制裁金を払うことになる。すでに親会社の株の売りが続いており、多方面に影響がありそうではある。マイラーとしては、色々と使いでのあるBAのマイレージに悪影響がないといいと願う限り。

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードの紹介

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードには下記のような様々なメリットがあります。

  1. 継続利用で毎年1回無料宿泊特典プレゼント

  2. マリオットリワードのゴールドエリート会員の資格

  3. ボーナスポイント

  4. 部屋のアップグレード

  5. 滞在ごとのギフト

  6. 他のホテルグループとステータスマッチも可能

  7. ポイントを無料宿泊券に交換すると還元率3%以上も!

  8. ポイントは航空会社のマイルとも交換可能

  9. 直営レストラン、バーの料金が10%~20%OFF

  10. 空港ラウンジや手荷物無料宅配

  11. 24時間日本語サポート等!

  12. 旅行傷害保険が充実!

  13. 万が一の不正利用にも迅速対応


お得に申し込みたい方は、ボタンから申し込みください。

申込

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください