Amazonでいつもより15%安く買う裏ワザ

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

ネット通販というとなんだかんだ言ってもすぐ届く、Amazonで購入してしまうのではないでしょうか?

Amazonプライムユーザでもありますが、プライムユーザでも更に15%安く買えてしまう方法を実際の利用事例を踏まえて紹介します。

サービス概要

ズバリその方法とは、昨年12/26にローンチされたAvacusというサービスを利用することです。

このサービスのポイントは、AmazonのWishlistを利用することと、ビットコインが欲しい人が代わりに商品を購入してくれることです。米国では、purseという同様のサービスがありますが、日本語でも手軽に利用できるところがメリットです。

AmazonのWishlistを利用すると、購入者に住所などの個人情報を明かさずに、指定した住所に商品を送ることができるサービスです。結婚式などのお祝い品のWishlistと使用されるだけでなく、有名人が欲しいものを告知してファンがプレゼントしたり、災害などの際の物資の支援などにも利用されてきた機能です。

Avacusのサービスは、簡単に言うと以下のような流れになっています。

  1. Wishlist機能で、欲しいものを公開する。
  2. Wishlistの商品に割引率(5-15%)を設定し、デポジットを払う。
  3. 買い手が購入し、連絡をくれる。
  4. 商品が届く
  5. 到着連絡をして、買い手に支払いを完了する。

結構面倒かと思ったのですが、ビットコインの送金のところで若干時間がかかったものの、設定後1時間以内に購入連絡が届き、その2日後には商品が届きました。

誰が何のために買ってくれる?

さて、ここまで見てきて一つ疑問があります。15%も損してしまうのに、誰が何のために、買ってくれているのでしょう?同様に少しだけAmazonギフトを変えるAmatenの存在などもヒントになります。それも含め考察してみたところ、以下のような人が購入してくれているのではないかと考えています。

  • Amazonアフィリエイトで獲得したギフトを持て余し、レートは下がっても現金化・ビットコイン化したい人が換金手段で利用
  • 何らかの原因で、Amazonギフトが潤沢にあり、現金化・ビットコイン化したい人が換金手段として利用
  • すぐにビットコインが上昇するので、レートが悪くても、カードなどからビットコイン化したい人が換金手段として利用
  • レートが悪くても、取引所を経由せずに匿名性のままビットコインが得られることがメリットに感じる人が利用

購入の実際

それでは、実際の取引をベースに見ていきましょう。

Wishlist作成

Amazon側でWishlistを作成します。一番最初だけ、このプロセスが一番面倒かもしれませんが、以降はこのウィッシュリストにバンバン放り込むだけです。

欲しい商品を表示し、「ほしい物リストに追加」を選択する。

「ほしい物リストを作成する」を選択し、新たにAvacus用リストを作成します。

Avacusなど、わかりやすい適当な名称を作成します。この時、リストを「公開」にします。「リストを作成」を押すと、リストの画面に戻るので、「このリストを編集する」というリンクが表示されるので、クリックします。

「公開」になっていることを確認し、「お届け住所」を実際に届けたい場所に指定します。

さらに、元の画面でシェアするボタンをクリックします。

ここで表示された固定リンクを控えておきます。

Avacusの登録

Avacusのページを開きます。

「サインアップ」を選択し、メールアドレス、ユーザ、パスワードを入力します。メールアドレス認証確認の後、ログインできるようになります。

 

Wishlistの公開

アカウント作成後、ログインし、画面右上の「SHOP」をクリックすると、「オファー手順」画面が現れますので、先程控えたウィッシュリストのアドレスを貼り付け、「オファー作成」ボタンを押します。

ウィッシュリストが取り込まれるので、スライドバーを移動して割引率を設定し、「オファーを作成」ボタンを押します。

この場合だと、最大の15%を設定し、168円の手数料はかかっていますが、Amazon売価より1509円安く買えるよう見込みということがわかります。

割引率決定、ビットコインの送金

バーコードが表示されますので、指定の額をビットコインで送金します。ビットコインでの送金については、あとで少し説明します。

購入者決定

ビットコインでの送金確認が済むと、1時間もたたないうちに、購入者が決まり、購入も終わり発送済み連絡がきました。

商品到着

そして、商品は、期日にちゃんと届きました。

買い手に連絡

最後に、「到着済みの確認」ボタンを押し、デポジットしていたコインが買い手の方に支払われるようにします。

 

ビットコイン送金について

ビットコインは、BitFlyerやCoinCheckなど多くの取引所が台頭してきていますが、取引手数料も高騰しています。一方で、Zaifなど決済手数料を抑えたサービスも出てきているので、目的に合わせて使いわけていくのがよいでしょう。

メリット・デメリットについて

メリットについては、匿名性で、セール製品であろうとAmazonの様々な商品がさらなる割引額で買えることだと思います。

デメリットについては、ビットコインの口座が必要であること。

今回購入したような家電製品だと、購入履歴も残らないので保障等アフターケアの問題が発生する可能性があります。書籍など均質かつ問題の発生しにくい製品で利用するのがよいかと思います。

まとめ

実際に購入してみて、Avacusは、十分使えるサービスであることがわかりました。

現在は、買い手市場で、15%割引でも十分に引き合いがあることがわかりました。今後のユーザーの増加に伴ってここら辺のパワーバランスは変わってくるかもしれませんが、年間何十万もAmazonで購入していることを考えると、かなりの金額になるので、これからもうまく利用していきたいと思います。

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください