税金や収納代行をクレジットカードで支払いマイレージを貯める

住民税振込書
Share on Facebook
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Delicious

住民税や自動車税など、各種振込って1年で考えると結構な額になりますよね。

コンビニや郵便局等の金融機関で支払うことになると思いますが、これらもクレジットカードで払えるとクレジットカードのポイントも溜まるし、嬉しいですよね。

実はそんな方法があるんです。その方法とは、nanacoを使用してセブンイレブンで支払うということです。

コンビニで支払える収納代行の用紙はEdyなどの電子マネーだと支払えませんが、セブンイレブンでnanacoを使用した場合には振り込めるんです。また、切手など他のコンビニでは現金の見の対応となっている商品だと同様にnanacoで支払い可能です。

ただし、このときnanacoで通常買い物をした時に貯まるnanacoポイントは貯まりません。貯まるのは、クレジットカードのポイントだけです。

それでも、クレジットカードの使用金額によって年会費が無料になったり、ポイント還元率が上がったりするのでカード払いできるのはありがたいですよね。

オンラインショッピング等で未だクレジットカード払いに対応していない場合もありますが、コンビニで支払いできる収納代行が選択可能であれば、間接的にクレジットカード払いに変更できますね。

また、nanacoは一枚当たり5万円までチャージできますが、5枚まで同時に支払えますので、最大25万円までの振込用紙であれば支払えることになります。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. nanacoカードを作成する。もしくはおサイフケータイでnanacoアプリを導入する。
    カードは、セブンイレブンやイトーヨーカ堂で300円で作成できます。ポイントバックのキャンペーンをやっているときは実質無料で作成できます。
  2. nanacoカードの場合は、nanacoネットからクレジットカードから紐づけする。
  3. クレジットカードからチャージする。
  4. チャージしたカードもしくはケータイをもってセブンイレブンの店舗に行き、カウンターで振込用紙を支払いする。

まとめ

  • nanacoを利用して、コンビニで支払える収容代行などの振込用紙を支払うと、クレジットカードのポイントが貯まる。
  • 切手や年賀ハガキも同様。
  • 商品購入等でクレジットカード払いに直接対応していない場合も、振込を選択すれば、間接的にクレジットカード払いに変更できる。
  • そのためには、nanacoへチャージした場合でも、ポイントがたまるクレジットカードが必要。

ポイントがたまるクレジットカードとしては、VISA、JCBブランドともにnanacoからのチャージに対応していて、還元率の高いリクルートカードをお勧めしてます。詳しくは以下をご覧ください。

Share on Facebook
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Delicious

高還元リクルートカードの勧め

1.新規入会キャンペーン実施中
新規入会特典で最大6,000円分ポイントプレゼント。(VISA、JCB共に)

2.年会費が家族会員ともに無料、2000万円までの旅行保険付

3.suica、nanaco等の電子マネーチャージ分もきっちりポイントが付きます(カードブランドによって違いあり)

4.貯まったPontaポイントは、1ポイント=1円分以上の価値で利用可能
ローソン、じゃらんnetやポンパレ、ホットペッパービューティーをはじめとするPontaポイント参画サービスで使えます。
リクルートのサービス利用の場合は、最大4.2%の還元率になります。例えば、リクルートカード1.2%+ポンパレモール利用分3%
特にローソンで、お試しクーポン券として使用した場合、2倍から10倍程度の価値のある商品と交換可能です。(例:320円相当のビール=120ポイント等)

リクルートカードの情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*