ピーチ・アビエーションやスカイマークの国内線でもマイレージを貯める裏ワザ

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
Pocket
Delicious にシェア

日本でも、新興航空会社やLCCが数多く参入し、国内・国外とも旅行がしやすくなってきました。

ANA系のピーチ・アビエーション、ジェットスター、Air Asia、Spring Japan(春秋航空)、バニラエアなどのLCCは東京から沖縄まで、キャンペーン時には5000円を切る航空券を出しています。

JALやANAといったメジャーキャリアは、国内線でも当然マイレージが貯められますが、カンタス航空やJALを親会社に持つジェットスターや独自のマイレージシステムを持つAirAsiaは別として、新興航空会社やローコストキャリアの多くはマイレージというシステム自体がありません。

今回はただでさえ安いLCCでもマイレージを貯められる裏技をお教えしましょう。

ニッポン 500 マイル・キャンペーンそれを可能にするのが、「ニッポン500マイルキャンペーン」というキャンペーン。スカイマイルというマイルプラグラムを運営する米国系デルタ航空が運営しているマイレージプログラムです。

何故デルタという気がしますが、このキャンペーンは、航空会社、路線、運賃に関係なく搭乗券の半券などを送付すれば、1枚につき500マイルもらえるという太っ腹な企画。
独自マイレージプログラムのないLCCはもちろん、ANAやJALなどのマイレージプログラムのある航空会社でも有効なので、こういったマイレージプログラムの会員ならば、マイレージの二重取りができてしまいます。

往復なら1000マイル、一年間で10フライト分最大5000マイルまで貯められるので、出張の多いサラリーマンならあっという間で上限まで貯められるでしょう。

Deltaのマイルは、15000マイルからスカイマークの国内線往復チケットに変更可能です。

このキャンペーン、実は締切が来年3月までの期間限定。しかし、このキャンペーンはデルタ航空がノースウェスト航空を買収する前から毎年続いてきているので、今後も続いていくものと思われます。

スカイマイルはJALやANAのように有効期限がないので、毎年少しずつ貯めることができ、15000マイルで韓国往復やスカイマークの国内旅行に交換可能。

スカイマイルを獲得するには、国内線に登場する前にスカイマイルプログラムに加入しておく必要があります。

通常のクレジット無しのカードを申し込んでも良いのですが、こちらからPointTownに申し込んで、さらにサイト内でダイナースの提携の「デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード」に申し込むと、今なら期間限定でなんと98000ポイント(49000円相当)のキャッシュバックがあり、さらに10000マイルのボーナスをゲット可能です。

これは、年会費を考えてもかなりお得ですね。

入会後の「ニッポン500マイルキャンペーン」のマイル申請は、専用の台紙をダウンロードして、専用番号にFAXするか、香港に郵送する必要があります。

かつては、国内宛で郵送受け付けしてくれていましたが、郵送先が香港とハードルが高くなってしまいました。

ここは、簡単にFAXすることをお勧めします。安くSkypeを利用して、国際FAXする方法は別途紹介します。

ニッポン500マイルキャンペーン

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
Pocket
Delicious にシェア

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*